インテリアにもなるカーテン。どんなふうに選ぶといいの?

カーテンの色について

カーテンはお部屋のインテリアにもなるので、素敵なものを選びたいですよね。カーテンの色によって、部屋の雰囲気はガラリと変わるといえるでしょう。落ち着いたモノト―ン系やブルーのカーテンは、気持ちを安定させて眠りを誘う効果があるので、寝室に適しています。またオレンジやイエロー、赤色などのカーテンは、リビングやキッチンに付けることで気持ちも明るく過ごすことができます。家全体の雰囲気に統一感を持たせたい場合にはナチュラルな白などで色は揃え、部屋によって少し変化が欲しいときにはレースやリネンなど素材を変えると良いですね。

カーテンの機能性について

カーテンはデザイン性も大切ですが、本来の機能を忘れないようにすることも大切です。カーテンはまず、外から見えにくくするためのものであり、そのほかにも光を遮ったり、紫外線防止、部屋の温度調節などの目的があります。こうした機能性がないカーテンを付けていると、夏場は外からの日差しがどんどん入ってきて部屋の中は非常に暑く、部屋にいても日焼けするなどの状態になるので注意しましょう。また薄過ぎて透けて見えるようなカーテンの場合は、種類の違うカーテンを二重に付けると良いでしょう。

カーテンの購入の際のポイント

カーテンを購入する際にまず確認してきたいことは、窓枠やカーテンレールから床までの長さです。きちんと長さを測ってから買いに行かなければ、短すぎたり長すぎたりとサイズが合わなくて困るので注意しましょう。最近は自分の好きな布で作ってもらえるオーダーカーテンも人気がありますが、注文してから出来上がるまでに時間がかかるので、すぐに目隠しが欲しい部屋の場合は仕上がるまで仮のカーテンが必要になることもありますね。デザイン性と機能性の両面で、納得のいくものを選ぶようにしましょう。

ストリングカーテンをひもカーテンと呼ばれていることが多いです。実際にひもが沢山ぶら下がっている見た目の為にそう呼ばれるそうです。とても便利で普通のカーテンでは、重い雰囲気になってしまいがちな、ちょっとした部屋の空間を仕切るのに使用されます。