デジタル看板で、最大の広告効果を得よう!

そもそもデジタル看板とは

デジタル看板とは、液晶画面の発達によって産まれた、電子的に表示される看板のことを指します。デジタル看板登場前は、一般的な看板は、紙や鉄板で作られたアナログの看板が主流でした。しかし、LEDの開発普及により、液晶パネルの安価化が進み、それが広告看板としてペイできる程度に安くなったので、デジタル看板が普及しだしたと言えます。このデジタル看板は、アナログな看板に比べ、非常にメリットがある看板だといえます。

表示内容をすぐに変更できる

アナログ看板は、鉄板や紙に「書く」「ペイント」「貼る」が主流の方式で作成されています。ですから、一度看板を設置すると、その広告内容をある程度の期間掲示し続けなければ、初期投資がもったいないため、なかなかその内容を変更できなかったといえます。しかし、デジタル看板は、その設置には初期投資がアナログ看板よりもかかりますが、デジタル液晶で広告を表示しているため、その広告内容の変更が非常に簡単に行えますので、素早い対応が出来ます。

夜中は特に目立ちます

アナログ看板は、看板用の照明を設置しておけば、夜にそれで看板を照らせば、看板を目立たせることができます。しかし、デジタル看板は、看板自体が液晶パネルであり、パネル自体が光っていますので、特に夜の暗がりでは、かなり目立ちますので、その広告効果は高いといえます。また、表示する文字の色なども、簡単に変更できますので、暗がりで目立つ配色にすれば、より高い広告効果を得られるというメリットがありますので、お勧めだといえます。

看板というのは、店舗の場所や名前をより多くの人にアピールしたい場合に役立つアイテムで、目に付きやすい場所に設置したり、印象に残りやすいデザインにするなどの工夫を行うことで、集客効果をより高めることができます。