社内コミュニケーションって大事ですよね!

社内の人とコミュニケーションとってますか?

「大きな声で、はきはきと挨拶しましょう!」って子供のときに習ったはずなのに、「おはようございます!」「お疲れ様でした!」といった、こんな当たり前のあいさつができない社会人が増えてるってご存知でした?とりわけ、IT系の職場ではとても多いことなんです。普段から業務はメールやチャットで済ませることが多く、特に開発系だと業務の邪魔にならないよう、電話すら置いてない部門もあるくらいです。だけど、それが必ずしも正しいとは限りませんよね。だって、その商品はお客様に納品するものなんですから。もし、誤解や間違いがあったことに後で気がついたら、取り返すのに大変な時間がかかってしまいます。

挨拶できない社会人なんて・・・

考え事をしてるときに話しかけられたら鬱陶しい。誰だってそう思いますよね。でも、その考えていることが他人の考えている事とずれていたら・・・もし、他人が考えている事と全く違うことを考えていたとしたら・・仕事に支障が出ること必至ですよね。さらに、それを基にした会話を文字だけのツールであるメールやチャットで済ませようものなら、さらに誤解が広まってしまいます。全く話がかみ合わないこともあるかもしれませんね。

子供のときを思い出してみよう!

でも、ちょっと思い出してみてください、私たちって普段からそんな生活をしていましたっけ?起きたら、おはよう、ご飯を食べる前にいただきます、終わったらごちそうさま、、、当たり前の挨拶を通じて、私たちは互いにコミュニケーションをとっています。まして長く同じ職場で働くのであれば、不用意に近づき過ぎるのは良くありませんが、かといって距離を置きすぎるのも社会人としてはあまり良いことではないですよね。社内で健全かつ有効なコミュニケーションをとるためには、まず挨拶を徹底することから始めたほうが良いかもしれませんね!

BCPとは、災害、事故、社会的混乱等が発生し、事業活動の継続が困難になった時に継続、復旧を速やかに遂行するために準備しておく計画のことです。企業は、業務の障害となる事態をチェックし、影響を分析します。そして事業の復旧するための優先的に復旧すべき機能を定め、人員や組織が取るべき行動をマニュアル化し、定期的な訓練を行い、いざという時に実践できることが必要です。