慌てずに対処を!トイレ詰まりの解消法とは

先ずは慌てずに状況の確認を

トイレ詰まりは大抵の場合、いきなり発生する事は無く、まず水が流れ難くなってくるといった前駆現象が現れ、それが次第に酷くなって最終的に詰まるというステップを踏む筈です。その程度や早さ、そしてその間にどんな物を流したかといった記憶がはっきりしていれば、対策も立て易く、解決も早くなるでしょう。また詰まりを確認した直後は無理にラバーカップを使う事は避け、軽くその上から水を流してみて、水の通り具合を確認する事も大事です。上手くゆけば、時間を置いて数回水を流すだけで詰まりが解消するケースもあるからです。

しばらく水が流れない時点でラバーカップの出番

数回流しても水の流れが改善しない場合、ここでラバーカップの出番となります。数回ラバーカップの先を便器の排水溝部分に押し付け、詰まった部分の水をバキュームします。この際カップの上方まで水を満たしておくと、汚水の跳ね返りを防ぐ事が出来るので便利です。またラバーカップの使用後に水を流す際、タンクからでは無く汲んだバケツの水を利用する事を心掛けましょう。タンク内の大量の水を一気に流すと、まだ詰まりが解消していない場合、便器から汚水が溢れてしまう可能性が高いからです。

これでも解決しない場合は素直に専門業者へ連絡を

これらの解決法でも詰まりが解消されない場合、残念ながら、これ以上同じ行為を続けても大きな改善は見込めません。その際は素直にトイレ詰まりの専門業者に速やかに連絡を取り、解決を図りましょう。電話一本掛ければ最寄りエリアを巡回しているサービスマンが程無く駆け付けてきてくれますので、これまでの経緯を出来るだけ詳しく伝え、最善の方策を取ってもらうのがベストです。トイレ詰まり程度のトラブルであれば、それ程長時間は掛かりません。そして解決後はサービスマンのアドバイスをしっかり伺う事も大切です。

水槽は複数枚のパネルを接着剤で組み合わせている構造になっています。そのため、接着剤が劣化すると水漏れが生じることがあるので速やかに新品と交換するように心がけます。