どうなっていくのかな?太陽光発電の設置は

現状の普及の状況は?

現在の、太陽光発電の普及状況の確認は堂のようにしたらわかるかというと、電機の常用と供給のバランスでわかりますよね。最近は、以前のように、使用制限や時間帯での停電は、ありませんよね。ていうことは、電機が足りている証拠でもあります。もともと太陽光発電は、現在の火力、原子力などでの不足分を自然のエネルギーを使用して補っていこうというのが目的の一つでした。そのため普及対策の一つとして行ってきたのが買取価格です。

買電価格と売電価格について

普及対策のために、国の指示にて行ってきている買取価格は、売り価格の倍額の48円でした。しかし、最近では普及が進んできたために32円まで下がってきています。普通の企業であれば、売る価格より高い価格で買い取れば、すぐ倒産をします。それを補っているのが、明細に乗っている調整ひようで、要は、倍額で買取ってくれてはいるものの使用者で分けて負担をしている仕組みになっています。そのために電力会社が倒産しないわけですね。

今後の太陽光発電の設置状況について

今後の太陽光発電は、買取価格においては、同額まで下がる可能性がありますが、ただし、ある程度の普及は進むと思います。買取価格が同額になると調整費用の負担が減る可能性があります。設置を検討している方は、ある意味今が最後のチャンスと言ってもいい状況ですね。高速道路のETCのように、普及が進んだと判断されれば、今の恩恵はなくなり、普及も鈍化すると思われます。今は、設置に関してはラストスパートの状態と言えるでしょう。

太陽光発電といえば、お家の屋根に大型のもの、最近では鞄くらいの大きさの、小型のものまで様々なものがあります。太陽光発電の価格は今相場が大きく下がりつつあり、電気代の節約はもちろん、蓄電池により万が一の停電などにも役に立つこれからの時代にはとても相応しいものとして、あなたの暮らしをより充実させるライフハックとなるでしょう。